メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

葉酸をサプリで摂る訳とは

妊婦さんを中心に、葉酸サプリを摂る人が増えていますが、なぜわざわざ葉酸をサプリで摂る人が増えているのでしょうか。


葉酸に含まれる栄養素は?

葉酸はビタミンB群に分類されます。

緑の葉に多く含まれて、ホウレンソウの葉から発見されました。葉酸は細胞を作るのになくてはならない栄養素であり、DNAの合成に役立っています


DNAとは遺伝子情報がのっているいわば生命の設計図です。細胞分裂のたびにコピーされ、身体の形成に役立っています。さらに葉酸はDNAのミスコピーを修正する働きもあります。

つまり、葉酸は身体が正しく形成される手助けをしてくれているんです



【葉酸が摂れる食品】


●ホウレンソウ2株 126μg
●グリーンアスパラガス 3本 114μg
●春菊 3株 114μg
●大豆もやし 1カップ 51μg
●アボカド 1/2個 84μg
●マンゴー 1/2個 76μg
●調整豆乳 1カップ 62μg
●豚レバー 50g 405μg


食事だけでは不足しがちに

葉酸は普通の人なら一日に240μg、妊娠中の女性なら480μgが必要だとされています。

上で紹介した葉酸の多い食品の含有量を見ると、食べられるかもしれないと思うかもしれませんが、栄養素は毎日摂り続けなくてはいけません。

同じ食材ばかり食べていては飽きてしまいますが、いろいろな食材から葉酸を毎日摂れるようにするのは大変です。

また、先にも述べた通り、葉酸はとても水に溶けやすい性質を持った栄養素です。そのため茹でる調理には向きません。

熱にもとても弱く、加熱調理すると半分以上の栄養素が失われてしまいます。よって、加熱料理するなら、生の倍の量を食べなくてはならないのです。

食事からだけ補うのはとても難しく、葉酸をとくに必要とする妊婦さんにいたっては、国が推奨する480μgを摂取できている妊婦は全体の13%ほどしかいないとされています


妊娠していない一般女性の場合も、平均摂取量は推奨されている240μgを満たしていません。


忙しい現代人にはサプリがおすすめ

何かと忙しい現代人。毎日遅くまで仕事に追われ、クタクタになって食事なんておざなりだという人も珍しくありません。たしかに疲れきったときはさっさと身体を休めたいものです。


そこで活躍するのがサプリメントです。サプリメントなら空いた時間にさっと飲むだけなので、疲弊した身体にも負担になりません。


貴重な自由時間をつぶすことなくきちんと摂取できるというのは、お手軽ではないでしょうか。時は金なりといいいますが、ちょっとの費用で時間も健康も手に入れることができるのです。


葉酸は産後にも必要ってホント?

妊娠中に摂ると、子供の遺伝子異常を防いでくれる効能があることで有名な葉酸。そのため、妊娠中に葉酸サプリを飲んでいる女性は増加傾向にあります


しかし、中には出産すると葉酸サプリを飲むことを止めてしまう人がいます。でも実はそれ、とてももったいないことなのです。


母乳は血液を原料に作られています。そのため授乳期の母親は、大量の血液が必要となります。
母乳は毎日吸われるのですから、うまく血液を増やせなくなると、母親の血は不足してしまいます。出産を終えた授乳期の女性に貧血が多いのは、これが理由です。


葉酸は「造血ビタミン」と呼ばれているほど、血液の生産には欠かせない栄養素です。どんどん血液を増やしたいなら、葉酸をしっかり摂るようにしましょう。また、貧血を放置したままにしておくと、母乳の出が悪くなったり、質に影響が出ます。


赤ちゃんは母親の母乳から栄養を得ています。栄養があまり含まれていない質の悪い母乳を飲み続ければ、赤ちゃんの成長にも影響が出ます。


このように、産後もしっかり葉酸を摂取するべきなのは、赤ちゃんのためでもあるのです。→「葉酸は産後にも必要ってホント?」の続きを読む…


不妊に悩んでいる人ほど葉酸を摂ったほうがいいのはなぜ?

妊娠中に葉酸が必要であることは有名ですが、不妊に悩んでいる人にも葉酸を摂ることをおすすめします。
というもの、葉酸のパワーはお腹の中の胎児にだけ効くわけではないのです。


では、不妊の人にはどのような効果があるのでしょうか。


葉酸には血を作るのを助けてくれる作用があります。身体の血が増えれば、子宮内部に流れる血流の量も増加します。また葉酸は子宮内膜を厚くする効果もあり、受精卵を子宮が受け止めやすい状態を作ってくれます
こうして着床率が高まるのです。


そして、不妊は女性だけの問題ではありません。男性の精子にも関係があります。


葉酸は異常のある精子を減らす働きがあるため、健康な精子を増やすことができます。健康な精子が増えれば、着床率が上がるだけでなく、流産の危険も軽減することができます。→「不妊に悩んでいる人ほど葉酸を摂ったほうがいいのはなぜ?」の続きを読む…


授乳期にも葉酸を摂ったほうがいいのはどうして?

やっと出産を終え、忙しい育児のはじまりです。


となると、これまでお世話になっていた葉酸サプリともお別れかなと思っているあなた。ちょっと待ってください。
授乳期の母親にも、葉酸は必要な成分なのです。


成人の場合、葉酸は240μg摂取することが推奨されています。一方、妊婦の場合は通常の2倍の480μgが必要です
そして、授乳中の母親は、340μgの摂取が必要だとされています


ご覧のように、出産が終わっても、赤ちゃんに母乳を与えている間は、まだ葉酸は通常の量では足りないのです。


母乳の原料は血液です。つまり、母乳を製造すればするほど、血液もまた必要になるのです。
さらには、出産では多くの血が流れます。出血した分を回復する時間もないまま、授乳はスタートするわけですから、母親は急いで自分の血を増やさなくてはいけません。
事実、授乳中の母親で貧血に悩んでいる人は大勢います。


貧血が悪化すれば、動悸やめまいなどの症状が現われ、母乳の出が悪くなることもあります。そんなとき、授乳中の母親の強い味方となってくれるのは葉酸です。→「授乳期にも葉酸を摂ったほうがいいのはどうして?」続きを読む…


葉酸は美容にも効果があるって本当?

どんなときも美しくありたいと願うのが女性ではないでしょうか。
じつは葉酸は美容の維持にとても役立つ栄養素なのです。


美容業界で盛んに語られているターンオーバー。これはじつは皮膚の新陳代謝のことです。


我々は古い細胞を脱ぎ捨て、新しい細胞に生まれ変わることで、ツルツルの肌を維持しているのです。ターンオーバーは細胞分裂によって引き起こされます。
葉酸は、細胞分裂の働きを助けてくれる作用があるため、ターンオーバーの乱れを正してくれる効果もあるのです


お肌は通常28日ほどで生まれ変わります。ところが加齢やストレス、紫外線、タバコなどの要因によって、徐々にその周期が遅くなっていきます。
古い皮膚がいつまでも残っているのですから、美容にいいはずがありません。肌がかさついたり、毛穴が開いたり、黒ずみができたり、いいことなしです。


葉酸を飲むと、滞っていたターンオーバーが元の周期に戻るため、それらの改善にも役立ちます。→「葉酸は美容にも効果があるって本当?」の続きを読む…


葉酸を助けてくれる働きがある成分って何?

いまや葉酸は、胎児の先天性奇形を防ぐ働きに注目が集まり、妊婦さんを中心に女性から熱い視線を注がれています。


とはいえ、葉酸の恩恵は出産しない人にとってまったく無関係というわけではありません。貧血、ガン、心不全、認知症などの予防する働きがあり、新陳代謝を活発にするため美容にまで効果があるのです。


そんな葉酸ですが、単体ではあまり力を発揮できないことがあります。他の栄養素と力を合わせてこその栄養素なのです。では、どんなときにどんな栄養素と一緒に摂ればいいのでしょうか。


葉酸とビタミンB12は血液の生成に必要な栄養素です。どちらか一方が欠けてもうまくいきません
また、貧血といってもじつは二種類のパターンがあります。葉酸が不足して起こる貧血と、鉄分が不足して起こる貧血です。鉄分が不足して起こった貧血の場合でも、血を増やすのには葉酸とビタミンB12が必要となります。
そこでまとめてこの3つを摂ってしまえば、どちらの貧血の場合でも、改善することができるのです。


妊婦は元より、女性は貧血になりやすい身体の構造をしています。また、最近では生活習慣の乱れから男性でも貧血になる人が増えてきました。
貧血は身体の免疫力を下げるため、身体のあちこちに悪影響を与えます。ぜひこの3つの栄養素で血を増やし、貧血を改善しましょう。→「葉酸を助けてくれる働きがある成分って何?」の続きを読む…


妊婦だけじゃない。こんなに凄い葉酸の健康効果

お腹の中の胎児を健やかにはぐくむ効果があるため、葉酸サプリは妊活や妊娠中の女性の間で話題となり、徐々に認知されるようになりました。


では、葉酸は妊婦さんにしか関係ないものかというと、そうではありません。葉酸はすべての人間に必要不可欠な、とても重要な栄養素なのです。


葉酸が胎児に良いとされているのは、細胞分裂のときにDNAを間違ってコピーするのを防ぐ働きがあるからです。


胎児は受精の瞬間から凄まじいスピードで細胞分裂をくり返し、人間の身体を形成していきます。それの元となるのが生命の設計図と呼ばれているDNAです。


しかしこのDNA、何度も細胞分裂をくり返すと、たまにコピーをミスしてしまうことがあります。このDNAのコピーミスが、先天性奇形や流産の原因になるのです。


胎児に比べれば緩やかですが、細胞分裂は死ぬまでわたしたちの身体の中で起こっています。そのため、DNAのコピーミスは、成人した大人にも起こることなのです。


すでに母体から出た人間がDNAのコピーミスを起こすと、その間違ったDNAが使われている細胞はガン化することがあります。
よって、コピーミスを防ぐ効果がある葉酸は、ガン細胞の発生の予防にも役立つのです。→「妊婦だけじゃない。こんなに凄い葉酸の健康効果」の続きを読む…